奈良市の「痛みに配慮する」「なるべく削らない」歯医者さん

〒631-0061 奈良県奈良市三碓6丁目10-3
近鉄電車「富雄駅」より徒歩10分 駐車場7台完備

診療時間
9:30~13:00 × ×
15:00~19:30 × ×

△:15:00~18:30
休診日:木曜・日曜

ご予約・お問合せはこちら

0742-49-0418

当院の虫歯治療

当院では、痛みが少なく、できる限り歯を削らない・神経を取らない虫歯治療を実施しています。患者さまの負担を軽減しつつ、なるべくご自身の歯を長もちさせられるようにと考えています。

なるべく痛みを感じさせない虫歯治療

痛みが苦手で歯の治療をためらってしまっている患者さまをお一人でも多く助けたいと考え、私たちは、できるだけ痛みを感じさせない虫歯治療を追求・実践しています。

治療中の痛みを軽減するために行うものが「麻酔」ですが、そもそも麻酔の際の注射が痛くて嫌だという方もいらっしゃることでしょう。そこで当院では、麻酔をかける際の痛みを少なくできるよう、麻酔注射の打ち方にさまざまな工夫を凝らしています。

表面麻酔

注射針が入る際の痛みを軽くするため、事前に、塗るタイプの表面麻酔を歯ぐきに使用しています。歯ぐきにあらかじめ麻酔をかける分、注射を打ったときの痛みが軽くなります。

針の細さ

注射針は、細ければ細いほど刺すときの痛みが小さくなるもの。そのため当院では、日本国内で入手できる注射針のうち、もっとも細いものを使用しています。

麻酔液の温度

麻酔液の温度が体温に近いほど、注入時の違和感が少なく痛みも感じづらくなります。当院では、麻酔液保温器で事前に麻酔液を温めています。

痛みが出にくいテクニック

歯ぐきに針を刺すときは、歯や骨の位置から痛みを感じにくい場所をきちんと見定め、抵抗なく針がスッと入り込んでいくような入れ方を心がけています。また、少量ずつ麻酔液を注入していくことで痛みを感じにくくなります。

痛みが少ない虫歯治療のために、これからも丁寧かつ配慮ある治療を続けてまいります。痛みが苦手だという方もお気軽にご相談ください。

なるべく削らない虫歯治療「MI治療」を実践

歯は、削れば削るほど脆くなり、虫歯が再発しやすくなるもの。歯を長持ちさせるためには、できるだけ削らずに治療を行う方がよいのです。

当院では、虫歯菌に侵されていない健康な歯は極力削らず、虫歯の部分のみを削り取る「MI治療(ミニマルインターベンション)」を実施。

また詰め物に関しても、虫歯の大きさにもよりますが、なるべく「コンポジットレジン」と呼ばれる歯科用のプラスチックを使用しています。コンポジットレジンは自然な白さが特徴の素材であり、笑ったりしゃべったりするときも銀歯のように目立たず、金属アレルギーの心配もありません。

なお、神経に達するほど大きな虫歯であっても、できる限り神経を残せるようにしています。歯の神経(=歯髄)は、一度取り除いてしまうと歯に栄養分が行き渡らなくなり、歯そのものが脆くなってしまいます。その結果、歯が折れたり欠けたりするリスクが高まってしまうのです。そのため当院では、痛みがあるからといっても、すぐに神経を取るような治療は行っておりません。

患者さまのご希望やお口の状態を細かくチェックしつつ、ときには経過観察の時間を十分に確保し、できる限り歯を長もちさせられるよう最善の治療をご提供してまいります。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

医院からのお知らせ

2018年12月29日から2019年1月4日
年内は28日まで、年始は5日より診療致します。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0742-49-0418

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:15:00~19:30
△:土曜は18:30まで

休診日:木曜日・日曜日

0742-49-0418

奈良県奈良市三碓6丁目10-3
近鉄電車「富雄駅」より徒歩10分
駐車場7台完備